不思議談
第二夜
第二一話

題名
鳴声

投稿者
ジュダス様



少し前まで、我が家にはインコが1羽いました。
飼っていたのは家の一階に住んでいる方だったのですが、二階で暮らしている自分も、時々そのインコと遊んだり、世話をしていました。
ところがある日、そのインコが逃げてしまいました。
一階の人は勿論、俺もたいそう心配していました。
何時間しても、帰ってこない
しかもその次の日、都心部を豪雨が襲いました。
もう、諦めていました。
中学生時代最後の、夏休みの事です。
休みも明け、学校にも行き始めましたがやはり帰ってはきません。
ところが、ある時から夢をみるのです。夢に、そのインコが出てきていつもの声で鳴くのです。
けれど朝目を覚ませば、それはいない
一階の人も同じのようで、毎晩のように夢にインコが出てきて、朝起きても鳴き声が聞こえる事があるそうです。
実際に帰ってくる事は、無いけれど。
今も時々聞きます。再生している音楽の曲と曲の間(2秒ほど)に、何故か一階から「ピーッ」と。



Copyright (C) 2001- ごんぺい All rights reserved
Since 01/04/11     Sorry Japanese only

次話へ進む

前へ戻る

トップへ戻る