第七夜
第八二話

題名
見知らぬ顔

投稿者
イタリア様



これは、私が高校生の頃の話です。今は共学ですが、通っていた当時は女子校でした。
今は知りませんが、当時そこは幽霊が出ると噂に。
なんでも病院だったとか墓場だとか。
私も半信半疑のまま、日々を過ごしました。そんなある日。
次の授業が体育でプールだった為、私は教室のある二階からプールのある体育館屋上へ向かいます。制服を脱いでタオルとゴーグルを持ち、プールサイドに行くと、先客らしい子が腰かけています。
(早いな)と思っていると、その子がこちらを向きました。
声をかけようとすると、「くす」とその子が笑い、フェンスの向こうに消えてしまいました。
「木村(私。仮名)ちゃん、大丈夫?」クラスメイトが覗きこんで来たので、今の出来事を話すと、そんな子は見てないし、知らないといわれました。確かに、ロッカールームからこちらは見えるようになっているので、何かあれば分かるはずなんです。
それにしても、私がみた子は一体誰だったのでしょう?
昔この学校に通っていた生徒だったのか、墓場に葬られた誰かだったのか。



Copyright (C) 2001- ごんぺい All rights reserved
Since 01/04/11     Sorry Japanese only

次話へ進む

前へ戻る

トップへ戻る