第七夜
第七三話

題名
ブランコ

投稿者
エネゴリ君様



ありえない物を見た時ってみなさんどんな反応をしますか?僕はこんな感じでした。
職場から自宅まではバイクで20分の距離です。その日もいつも通り21:30頃に店を閉めて帰り道についていました。僕の店の隣には神社と隣接した公園があって、いつもその横をバイクで通って帰るのですが、なぜかその日は公園の入り口でバイクを降りてしまいました。
得体の知れない何かを感じて自然と公園の中に入るとブランコが揺れていました。
4つある内の右から2番目のブランコだけ・・・
その日は蒸し暑く風も全く無かったのにまるで誰かが漕いでるように大きく一つだけ揺れているんです・・・
僕は10分くらいそれを見ていました。いや、一歩も動く事が出来なかったんです。結局僕が逃げ出すまでブランコの揺れは止まる事は無く、むしろ子供がおもしろがってドンドン漕ぐように揺れは大きくなります。
バイクに乗って急いで家まで逃げ帰ると10分しか居なかったハズなのになぜか深夜1時でした・・・



Copyright (C) 2001- ごんぺい All rights reserved
Since 01/04/11     Sorry Japanese only

次話へ進む

前へ戻る

トップへ戻る