第七夜
第七十話

題名
洗面所

投稿者
darkMonroe様



私が中学・高校と通っていた学園は全寮制でした。
…これは中学二年の頃の話。
寮は三階建てで、一階は中学・高校一年、中学・二階は中学・高校二年、三階は中学・高校三年と別れており、各階には洗面所・風呂・便所がありました。
ある夜、私はふと便所に起きました。
便所は洗面所の隣にあります。
用を済ませ、戻ろうとした時です…
洗面所に見慣れない女の子がいるんです。
小柄な白い長袖のワンピースに髪の毛がちょっと茶色な…女の子。
ところが、!?…彼女、鏡には写っていなかったのです。
彼女は洗面所の壁に向かって、ただ無気力にユラユラ俯いてヨタヨタ歩き、…そして、壁の中に…消えたのです。
そしてそれと同時に洗面所の電気も消えたのです。
後から霊感のある先輩に聞くと、あそこは霊道になっていて…彼女は浮遊霊ではないか、という話でした。



Copyright (C) 2001- ごんぺい All rights reserved
Since 01/04/11     Sorry Japanese only

次話へ進む


前へ戻る

トップへ戻る