第七夜
第五七話

題名
赤いハイヒール

投稿者
カーナッキー様



ある日、学校から帰ってぼ〜としていると、すごい音がした。
家の前の交差点で、事故があったみたい。
その日の夕方、バイクで出かける用事があったのでカバーを外しました。
足元をみると、赤いハイヒールが落ちていて「誰かが捨てたのかな?」と思い近くのゴミ箱に捨てて出かけました。
数日後、またバイクに乗ろうとすると赤いハイヒールが・・・
「誰かのいたずらかな?」と思い、近所の橋の上から投げ捨てました。
それから一週間くらい後に、バイクのカバーをとるとシートの上に赤いハイヒールがまた・・・
カバーはかぎが付いていて、私にしかはずせません。
気持ち悪くなり、親に話すと「この間の事故の人のかもしれない」というのです。
なんでも最近亡くなったらしく、お花が供えてありました。
そのハイヒールは、親がお寺で供養してからはもう現れてはいません。



Copyright (C) 2001- ごんぺい All rights reserved
Since 01/04/11     Sorry Japanese only

次話へ進む

前へ戻る

トップへ戻る