第七夜
第四七話

題名
一軒家を
買ってから

投稿者
無天老師様



私がまだ30才前の頃に両親の進めで実家の近くに一軒家を購入する事になり、両親も最初は一人暮らしも淋しいだろうと一緒に暮らし始めました。
その一軒家で、金縛りが頻発する様になりました。
それは、いままでより凄まじいぐらいにきつく思いました。
でも、本で調べたある言葉を知っていたのでその文言を唱えました。
「ホンボラ ソモビル フルフルフル」・・・。
すると、、「こいつ!」と聞こえ、金縛りは溶けました。
以来、金縛りがきそうになる前に唱えると、暫くは部屋の雰囲気も澱んだ感じは残るもの、ラッブ音だけが2〜3分はしてますが、静まり返った部屋に戻ります。
それからも軽い金縛りだけでおさまりましたが、ラッブ音は以前より激しいくなっていきました。
それと黒い影が横切るのもありましたが、今は、金縛りや凄い怖い夢も、その一軒家を売り払った後、別の住まいではそのような出来事は全く無くなりました。



Copyright (C) 2001- ごんぺい All rights reserved
Since 01/04/11     Sorry Japanese only

次話へ進む

前へ戻る

トップへ戻る