第七夜
第三七話

題名
曾祖母

投稿者
了様



曾祖母のお葬式があった日の事です。
お葬式が終わり、今から納骨をする、というところで突然私が気分が悪くなり父親の運転で家に帰りました。
家でゆっくりしていると気分もはれてきてテレビを見ていたら突然耳元で「あいあいお」というような声が聞こえてきました。同じ部屋にいた父親も同じだったそうです。間違いなくテレビの音ではなく耳元で聞こえた声でした。
後に父親との話しでは「ばいばいよ」といったような事を曾祖母が最後に伝えにきたのではないかということになったのですが、この話しを私の友達に話すと「会いたいよ」と言ったのではないかといわれました。真相はもうわかりませんがホントにこんなことがあるんだなと思った体験です。



Copyright (C) 2001- ごんぺい All rights reserved
Since 01/04/11     Sorry Japanese only

次話へ進む

前へ戻る

トップへ戻る