第六夜
第九一話

題名
線香

投稿者
Y様



私は以前病院に勤めていました。
私の所属する病棟は,重症者やターミナルケアが必要な方々(命が長くない方々)をメインとする所でした。
なので,病状が悪化して亡くなる方が日常茶飯事でした。
そして,いつからか私に変な能力?があることに気付きました。
それは,病室にいるときフッと線香の匂いがするんです。
そうすると,近いうち(翌日や二日後など)に線香の匂いがした部屋の方が亡くなるんです…。
初めは偶然とか気のせいだと思っていましたが,あまりにも連続して同じ体験をするので少し怖くなりました…。
が,それが日常茶飯事となり,私もその能力に慣れました。
そのしばらく後,私は人事異動で勤めていた病院と同系列の老人施設に異動になったので今は亡くなる方も病院にいた時に比べて少なくなり,線香の匂いを感じ取ることはなくなりました。



Copyright (C) 2001- ごんぺい All rights reserved
Since 01/04/11     Sorry Japanese only

次話へ進む

前へ戻る

トップへ戻る