kinjono.com

●近所の怪談第七夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0662 気をつけてね? cosmos 様
「気をつけてね?」
大学時代の同窓会最後、みんなと別れ際、友人に気になる一言を言われました。
…気をつけて?何を?どう?…
同時、私には付き合っている男性がいました(今の旦那)、その彼がその同窓会から数日経ったある日、交通事故に遭ったのです。
幸い、右足全治1ヶ月の骨折で済みましたが、彼が変な事をボヤいたのです。「あれ、子供だったよな…」
彼が交通事故に遭ったのは夜中、彼の仕事はトラックでも荷物運送。東京から仙台まで荷物を運送するため高速道路を走っていたのですが、突然、交通事故に小学生中学年ぐらいの坊主の少年が彼のトラックの前を横切ろうとした…というのです。
…夜中に?高速道路に?少年が?…
しかし、その現場に少年なんていなかったらしく、被害にあったのは彼と彼の乗っていたトラックのみ…。
一体全体、変です。夜中に、それも高速道路で少年が一人でいるわけないんですもん!!!
…「気をつけてね?」…
友人が言ったセリフが脳裏に浮かび、一瞬不安になりましたが、「まさか、流石に…彼の気のせいよ。そんなことありえない!!!」と思いました。
しかし、その頃から私は夜中、家路を辿る時など、誰かに尾行されているような気配に遭遇したり、夜な夜な寝室で少年がゲラゲラ笑う声を聞いたり、怪奇現象に見舞われるようになりました。
あの例の友人は霊媒師なので、彼女のもとを訪ね、聞いてみましたら、
「少年はあなたをお母さんだと思ってるけど彼の事は邪魔者としてみてるみたい」
「少年は小さい頃からあなたに憑いて回ってたのよ。見守るみたいに。悪い霊じゃないけど、少年はやきもちやいちゃったのね…」
彼女は、その後、少年に優しくいいたとすようにななめるように納得させ成仏させてくれました。
「気をつけてね?」
あれ、少年がやきもちやいているのを多少なり彼女は感じてたらしいです。
2010/09/
>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000