kinjono.com

●近所の怪談第七夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0653 生み出された霊 サンヤイサ 様
友達のYはパソコンに超詳しいパソコンオタクでした。
そんなYが心霊写真を合成で作ったんです。
「すげーじゃえろ?マジ半端なく怖くねぇ??」
それはYの一人写真で彼の肩に女が恨めしそうな目でこっちを睨んでいるといった確かに合成写真じゃなくモノホンならかなり戦慄ものです。
その時はこえぇ・・まじで・・・と笑い話で済んでいたんです。・・・
あれも一種のそういった類なんでしょうか・・・
それから数日後、夜中にYから電話がかかってきて
「やべぇ・・マジ半端ねぇかも」と動揺しているY。
「どうしたん?」
「さっき夢見てな・・・」
その夢というのは、
Yは誰かを負ぶっているんだそうです。
その負ぶっているのが、あの例の合成写真で作成した女で、こう言ったそうです・・・
「これは夢じゃないんだよ・・・」とニヤニヤして・・。
驚いたYはそれで跳ね起き、あの写真を見たら女が消えているというので、翌朝、僕もその写真を見たら確かに女は消えていました。
それからというもの、今度は夢でなく現実に女はYの身辺に纏わり付くようになったらしく、僕には見えなかったですが、一緒にいる時なんかも、たまに
「いるんじゃけど・・ほら、あの角」とか「やめぇや・・やめ。俺に纏わり付くなや」って・・
はたから見たらただの独り言みたいにぼやき出したり、Yの奇行が目立ち始めたのです。
そうこうしているある夜、
一本の電話・・もちろんYから
「・・・じゃないんだよ・・じゃないんだよ・・・」
もう、正常な状態ではありませんでした。
「・・わかったよ・・・一緒・・いいんだろ・・・してくれよ」
その言葉を最後に、
Yは姿を消しました。
原因は、あの合成写真にあると思うのですが、どういうわけか、あの写真をYの部屋で探しても、どこにもないのです・・・。
2010/06/
>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000