kinjono.com

●近所の怪談第七夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0644 長野県駒ヶ根市 ベルセル 様
私が以前勤めていた会社で本当にあった、私が体験した実話です。
今から7〜8年ほど前(2000年か2001年頃だったと思います)の話ですが、某ハウスメーカーの内部建具工場で資材の仕事をしてました。
ある日、事務所二階の大会議室で安全衛生委員会があり私も会議に出席していました。
夜8時頃だったと思いますが会議が終わり、皆それぞれ自分の使ってた灰皿を持って給湯室の吸い殻入れに捨てに行くのですが、その給湯室は会議室を出てすぐ右側にあります。
人が三人も入れば一杯の狭い給湯室なのですが、その給湯室は入ると正面の壁(一番奥)高さ2メートル位の所に明かり取りの小窓がついてます。
私も灰皿を持って吸い殻入れに行きました。どうせ捨てるだけと思い電灯は点けずに吸い殻入れのペール缶にかがんで“コンコンッ”と軽く逆さまに灰皿を当てて捨てた時、“何か”が視界の上の方(明かり取りの小窓の方)に入りました。
何か人が立ってこちらを見ている感じがしたのです。
『んっ?』と私は前を向きましたがもちろん誰も居ません。
もう一度“コンコンッ”と吸い殻入れに灰皿を当て、視線を下に戻すと“?”やっぱり視界の上の方に“黒っぽい人型の影”が見えます。
何だろう?と思いながら自分の机に戻りました。
騒ぎになったのは次の日でした。
翌日の残業時間にたまたま私が昨日の会議の後の不思議な人型の影を見た話をしていたら、同じ課の女の子が
「え〜っ?やめて下さいよぉ!」と言い出しました。
どうしたのか聞いたら、事務所の女性トイレは、階段を上がった例の給湯室の階段を挟んで反対側にあるのですが、その子はさっきトイレに行こうとして2階に上がりトイレの扉の前に立ち、灯りが消えていたので当然誰もいないと思い電灯のスイッチを点けて扉を開け中に入ろうとしたその時、
“カラカラカラカラ〜”とひとつの個室からトイレットペーパーを巻き取る音がいきなりして、ビックリした彼女は怖くなって引き返してしまい、わざわざ別棟の工場棟のトイレに行って用を足したそうです。
またこの事件の前に、別の女の子の妹さんが姉に用事があり事務所に来たとき玄関ホールから階段を見上げて一言
「此処って2階が気持ち悪いね!」と事情も知らないのに言ってたそうです…
今思い返すと黒っぽい人型の影がこっちを向いてブラ〜んとぶら下がっているような気がしてなりません。
他にもこの会社に勤めている頃は色々不思議な事がりました。
2009/10/
>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000