kinjono.com

●近所の怪談第七夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0643 ラブホテルの改装で 世帯主sin 様
話は、7年前に遡ります。
当時、私は某大手のインテリアメーカーに勤めていました。
メーカーと言えば聞こえは良いですが、実際は現場での作業は通常でスーツやネクタイは必要無いのが実際です。
これは、地元のラブホテル改装工事の時の話です。
そのホテルは以前より、幽霊が出ると有名な建物でした。
得意先の内装屋さんが改装工事を受注し、工事の当日から私もお手伝いに・・・
ラブホテルに限らず、ホテルの改装は大変な作業です。
室内にあるベッドやTV・・・近年ではインターネットも標準装備ですから、制限時間内に室内から全てを取り外し、室外の廊下へ出し改装。
作業終了後に、また元に戻す・・・ それは、それは戦争です。
ホテルに到着し、電気屋さんや、クロス屋さん達と打ち合わせの最中、
『このホテルの、どの部屋かに幽霊が出る!って有名だよね!』って誰かが言いました。
みんな笑顔で、
『知ってる!でも本当かいな??』って・・・
そんな冗談を言いながら、一部屋づつ手際よく改装を進めていました。
電気屋さんが工事する時には一時停電となり、その間が僕らの休憩時間でした。
丁度、停電となり社長と僕は時間が勿体無いと・・・
『暗いけど、窓の工事なら出きるよな!』って事で
ロールスクリーンを窓に取り付けて各室を廻って居た時でした。
窓のガラスには投撮避けにステンドグラスが入っていて真っ暗な室内を怪しく様様な色で照らしています。
気持ち悪いので、2人一緒に作業をしていると・・・
停電している室内のベッドにある呼び出しコール音が突然!
慌てて、コール音を止めに! 停電している筈なんです。全館が・・・
気を取り直し2人で作業を再開しようとすると・・・またコール音! ドキッ!と、しながらまた停める。
社長が怒り、電気屋さんへ携帯連絡!
『つまらない、イタズラをするな!』・・・
電気屋さん『出きる訳ないじゃろ! 配線を切っているのに!お前ら、何号室に居るんじゃい!?冗談はよせ!』って逆切れ!
2人共、凄く怖いんです。
ひょっとして、この部屋なのか・・・?って思い始めているのがお互いに解るんです。
無言で動けなくなっていると・・・
ピィーピィーピィー・・・また突然のコール音。 
『へぇ〜、へぇ〜へぇ〜・・・』低い音質の笑い声が微かに聞こえます。
室内には青や紫、黄色や赤のステンドカラーの差込む明かりのみ・・・
2人共、大慌てで脱出しました。
作業は、途中。やらない訳にはいきません。
他の作業員に頼み、男6人で再度入室して仕事を終わらせました。
洒落にならない事態に内装工事後の電気屋さんの工事も6人で入室するハメに・・・
笑い事じゃ済まない事態に社長も
『こんな事って、あるんじゃなぁ・・・悪かったな・・・』と僕に詫びを入れ工事は無事に終わりました。
2009/10/
>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000