kinjono.com

●近所の怪談第七夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0630 スポット ルシファー 様
私が20歳だった時(9年前)、都内で全国から集まった飲み会があったのです。
飲み会のメンバーは、ほとんど初対面でした。
たまたま話題が心霊や、ミステリーとかの話で盛り上がりました。
その時、全国でも知っている青木ヶ原樹海(富士山の樹海)へ行くことになりました。
交通方法は、全国から来たメンバーの中の名古屋から来た方の車、大型車(ワゴン8人乗り)で行くことになったのです。
午前0時頃で出発!青木ヶ原樹海に着いたの時午前2時でした。
車で山の中には入れそうにありませんでしたが、とりあえず、行ける範囲を車で一周すると、脇道を見つけました。
その脇道は、車の幅の1.5倍位あったので、車でそのまま進入する事にしました。
そのうち道幅がだんだんと狭くなり、車で進むには、限界まで来ました。
周囲を確認するため、私が一旦、車を降りてみました。
周りにはさすがに真っ暗・・。木の形くらいは何とか見えますが・・
その時です!
私の左前方に小さい青い光が輝いてました。
車の中のメンバー(男性2人女性2人)も見えていたそうですが、怖くなって、降りて来ません・・・。
私は、怖いながらも青い光がどうしても気になり、後方の車のライトの明かりを頼りに手探りで、その光の方へ進んでいきました。
しかし、進んでも進んでも差は、縮まりません。
なんとなく、その光は、私を誘っている感じでした。
車から50m程進んだ頃にこれ以上はやばいと思い、一旦車へ戻ることにし、後ろを振り返りました。
振り返ったら真っ暗!?
あの車のヘッドライトが見当たらない。
その時、本当にやばい!!と思いました。
そして、その場から後方の森の方を振り返りましたが、青い光も何故か消えていました・・・。
仕方ないので、手探りで車があったと思われる方向へ進んでみると、何とか無事に車にたどり着きました。
「助かった・・・!」と思うのと、「何でライトを消す!」という怒りがこみ上げて。
車の中の4人に、「俺を殺す気か!?なんでヘッドライトを消した!?いいか悪いかの冗談は分かるだろうが!?」
と怒鳴りました。
しかし、4人からの返事は意外でした。
「無事で良かった。」
「違うんだ!ヘッドライトが突然、消えたんだ!だから焦ったよ!」
「すぐにセルキーを回してもエンジンがかからないし、ヘッドライトが付かないからどうすればいいかわからなくなったんだ!やばいよ!ここは!」
私は嘘かと一瞬、思いましたが、4人の顔をよく見ると本当に怯えているようで、嘘では無さそうでした・・。
一応、私も車のエンジンを掛けてみましたがエンジンはかからず、何度もセルキーを回しても駄目でした。
車のエンジンルームを見ようとしましたが、真っ暗なため、何も見えず仕方なく車の中に戻りました。
そうこうしていると、先程の青い光が再びに現れました・・。
私は、こいつのせいか!ふざけるな!と思い、
「てめーなんか二度と行くか!!」と怒鳴った瞬間、ヘッドライトが点き、正面に何か得体の知れないものが見えた気がして・・
「!?」っと思いましたが、そんな余裕もなく、セルキー早々と回し、エンジンが掛かったので、速攻にバックで猛スピードを出し、先程来た道を戻りました。
その時、青い光が追い駆けて来ているような感じですが差は、縮まりませんでした。

暫く走り、前方の光も消え安心して移動している途中、
車の後ろで「ドン!!」と、すごい衝撃がありました。
逃げている最中では有ったのですが「何か轢いた!?人間か?動物か?物は進んだ道だから有り得ない。生き物としても人間だったら人生がお終いだ・・・。」と思い、怖いながらも車を降り、後方を確認しましたが車の後は真っ暗の為、何も見えない。
車の後ろのボディ等もさすって確認しましたが特に凹んだところもありませんでした。・・
一応、車をそのままバックさせ、車のヘッドライトで確認しましたが、何かを引いた形跡はありませんでした。
結局、未解決なままですが、なんとか進入した道までに戻れ、一般道に入り青木ヶ原樹海から離れました。
その日は疲れが酷く、途中のパーキングエリアに車を止め、仲間と眠りました。
目が覚め、仲間はまだ眠っていましたが、車の後ろが気になったので一人で確認しに行くと、車の後ろのボディに赤い色の手跡が無数に有りました。
私は、パニックになり4人を起しましたが4人もパニックに・・
結局、仲間と洗車場に車を持って行き、洗車っすると、意外にあっさり手跡は簡単に消えました。
それでも、これだけの事が有ったので少し不安でした。
その後、無事に東京へ戻り、解散したのですが・・


暫くした頃、名古屋の人(車の持ち主)は、交通事故でこの世から去ってしまいました。
事故原因は、高速道路で運転中にスリップして壁に激突でした。

まだ他のメンバーには何も無いそうですが、それ以来、私は心霊スポットには行っていません・・。
あの事件で二度とごめんです。
2009/07/
>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000