kinjono.com

●近所の怪談第七夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0624 霧に追われて・・ 世帯主sin 様
初めて投稿します・・・
私は今年で44歳となる釣り暦31年の釣り人です。
今では、家族もあり不景気な世の中を必死で乗り越えています。
楽しみと言えば、月に一度行ける釣りです。
31年の釣り暦の中で一度だけ、今でも解らない事がありました。
もう25年も前になりますが・・・
その頃は、今ではマイナーなバス釣りも地方の県では珍しい分野でした。釣れる場所も少なくバス自体が宝物の様な存在でした。
これは、その頃に県北の山深くにあるダムに行った時の話です。
その日も、少ない釣果を物にしようと友人と仕事を終え、夜9:00に目的地のダムに到着しました。
バスは本来、夜行性なので本当は夜の方が良く釣れます。
車中で簡単に夜食を取り、友人とゴムボートで出航したのでした。
闇を懐中電灯で照らし、岸辺の形を確認してはルアーを投げていました。季節は、お盆・・・
県北のダムとあって、あまり暑いとは思わなかったと思います。2人で黙々と釣りを続けていると、ふと視線を感じました。何気に振り返ると闇しか見えません・・・
街頭一つ無い山深いダムです。当たり前です・・・
気のせいか・・・!?と、続けていてもやはり後ろの気配を感じるのです。振り返り、目を凝らしてみても闇しか見えません。その中で、『んんっ・・・?』と目に留まる物に目の焦点が合いました。何か白い物がある!!
すぐに懐中電灯で、そこを照らすと何か白いモヤの様な霧が見えます。ライトの明かりに照らされる光景には、水中から突き出た立ち木と、それに寄り添うように白く細い霧が見えました。
周囲には、霧らしき物は無いのに・・・
その一点だけに、細長く丸い霧が蠢いていました。
良く見ると、少しづつ動いているのです。
霧が出ているなら、周囲にも見える筈なのに・・・??
友人も見えた様ですが、『気のせいじゃろ・・』と言い移動しながら釣りを続けました。少しづつ、ボートを進めると言っても1時間で50m位は移動した筈なのに、その気配は無くなりません。
背後にじっと目を凝らすと先ほどの霧が見えます。
『着いて来ている!』そう感じ始めると怖い気持ちで釣りに集中出来なくなり、どちらともなく止めよう!と言う事になりました。
早々に道具をかたずけ、オールを漕いで車の方へボートを進めだしてからが本当の怖い時間でした。
ボートは私が漕いでいました。当然、見えるのはボート後方。
目の前には友人・・・その後ろから、先ほどの霧が水面ギリギリを渦を巻きながら追って来るのが見えました。ボートのすぐ後方に!闇の中なのにハッキリと見える程に濃い白さなのです。
長さにして、約2mほどに見えました。あまりにハッキリと濃く見える渦状の竜巻の形状に似た者でした。
先ほどまでは、水面に立っていたのに・・・こんどは、水面と水平に追ってくるのです。友人も私の必死にボートを漕ぐ姿を見て硬直しており決して背後を振り返りません。
やっとの事で岸辺にボートを上げた後は、2人共に道具もボートも置き去りに車に向かって走っていました。
車中では、朝まで2人共に寝られず・・・かたずけは、夜が明けてからしました。
あれ以来、あのダムには行っていません。
あれは、一体なんだったのか?
25年たっても解らない怖い経験でした。
2009/07/
>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000