kinjono.com

●近所の怪談第七夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0615 センターの風呂 ムーミン 様
今から15、6年前の話。
その当時、私は公民館の事務員として働いていました。
その公民館はすぐ隣の老人福祉センターと内部で繋がっている構造になっていました。
夏休みのある日、地元中学の吹奏楽部が合宿のために公民館と福祉センターを借りていました。
私はその吹奏楽部のOBでしたので、一緒に宿泊して施設の管理をするよう頼まれたので、中学生や顧問の先生と合宿期間中、寝食を共にすることとなりました。ある晩、非常に暑くて寝苦しかったので、ロビーでタバコを吸いながらボンヤリしていると、福祉センターの風呂から水の音がしはじめました。
時間は深夜、顧問の先生が入っているのかと思いましたがすぐ静かになったし、しばらく物音がせず雰囲気がおかしいので、様子を見に風呂に行きました。
風呂は真っ暗でしたが、中で倒れていては大変と、男湯へ入りました。
しかし、誰もいません。
先生は寝る前にビールを飲んでいたので酔って間違えて女湯か?と思い、真っ暗な女湯も調べました。
しかし、女湯にも誰もいません。
私は両方の風呂場の蛇口から水が出ていないことを確認して風呂場を後にしました。
その直後、風呂場で派手に洗面器をひっくり返す音が響き渡りました。
私はビックリして慌てて寝床に逃げこみました。
後日、役所で聞いたことは、老人福祉センター開設間もないころ、一人のご老人が風呂場でお亡くなりになっているとのこと。
今も誰もいないセンターの風呂に入り続けているのでしょうか?
2008/10/
>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000