kinjono.com

●近所の怪談第七夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0601 美容室にて ムーミン 様
これは美容師の友人から聞いた話です。
その友人(A)は小さな美容室で働いているのですが、そこの店長とAは見えるタイプの人間でして…
ある日こんなことがあったそうです。
夜遅くまでカットの練習をしていたAはふと視線を感じ、美容室を見渡しました。
視線を感じた先にあったのは練習用のマネキンの首、通常マネキンは人と視線が合わないように目玉の視線をわざと外して描くそうなんですが、その首だけはどの角度からでもAと目線が合ったそうです。
不気味に思い、店長に見てもらったところ、
「あれには何か悪いものがついてるみたい。私がマネキンの目線の死角になるよう、裏口から入ってマネキンに箱を被せるから、あなたはマネキンの目線を引き付けておいて!」と言って裏口へ回ったそうです。
しばらくして箱を抱えた店長が裏口から入ってきて、マネキンに箱を被せた瞬間、
「ギャー!!」とこの世のものとは思えない悲鳴をマネキンが叫んだそうです。
みなさんも目線の合うマネキンにはご注意下さい。
2008/08/
>>怪談メインへ戻る

>>七夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000