kinjono.com

二夜目
●近所の不思議談
 第二夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>二夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0127 うちの黒猫 黒猫様
去年の夏におきました。
私の母のパソコンの横には戸があって、その戸をあけるとものすごく小さな空間があります。
そこの空間にうちの黒猫のトイレがあります。
パソコンのすぐ横にあるので猫が出入りするのは必ず分かります。
うちの猫はなぜかトイレの戸は自分で開けません。
なのでトイレの前で鳴きます。
その日もそうでした。
トイレの前で鳴いていたので戸を少しあけました。
すると入っていき、砂をほる「ザッザッザッザッ」とゆう音がしました。
いつもの事なので特に考えることなくパソコンをしました。
パソコンをして1分もたたないうちにリビングに行こうと戸を通りました。
リビングには戸を開ければすぐにでれます。
その時は戸は開いていました。
すると・・・
「ニャー」
「・・・?」
リビングの長いすに座っていました。
おかしい…
さっきまでトイレにいたはずじゃ…
いくらパソコンに夢中だったからってトイレを出るには私の後ろを通れなければリビングには行けません。
それにリビングに行く戸だって視界に入っています。
なので通ったら分かるはずです。
なのに…なぜ?
今思っても不思議です。
その後、母親に話したらおもいっきり笑われました
(泣)
2009/01/
>>怪談メインへ戻る

>>二夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000