kinjono.com

二夜目
●近所の不思議談
 第二夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>二夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0120 狭間 田原坂様
僕達は、狭間で生きているといいます。
天国と地獄、生と死、神と悪魔。そういった様々な狭間で生きている様です。 
5年前、僕は車で事故を起こし生死の狭間をさ迷ったのです。
僕は、ただ真っ白なカーペット?の上に立っていて、カーペットの回りは暗黒の世界が広がっていて、前方にはキラキラとした光に後方にはどよんだ紫の暗黒のブラックホールが・・・。 
でも、何故か光照らす前方が確かに綺麗で希望に満ちていて、確かにあちらに行けばいいのは分かります。なのに、あの紫のブラックホールみたいな暗黒が異常に魅惑的で気にせずにはいられなくて、あっちへいったら何があるのか気になるのです。 
と、目の前には看板が、
「ここは、天国と地獄の狭間です。ここには閻魔は存在しません。地獄にいくも天国にいくも、どちらにしても貴方次第。」 
などなど、かなり今までの天国・地獄観が崩れる様な事が書かれていました。 
つまり、不幸な結果も幸福な結果も全て僕次第と言う事の様。 
しかし、僕はそこにもう一方の下に下る階段を見つけました。そこで僕は・・・(今は此処を生きたい)と思い、下りました。 
そして、現世に戻って来ました。
2008/10/
>>怪談メインへ戻る

>>二夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000