kinjono.com

二夜目
●近所の不思議談
 第二夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>二夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0110 アイム 様
これは、笑えるお話です。
以前勤めていた会社では、色々と面白い事がありました。
そこには、社長の伯父さんが電話番(誰も居なくなった時のみ)をしていました。(毎日、出勤はしていました)
ある日、私は私用で外出して「急いで事務所に帰らなくては!!」と、口には出さなかったのですが、強く思っていました。
その意識が「ふっ」と抜けた時に、私は一度事務所に戻っていたらしいのです。
事務所に戻ると
「事務員さん今帰ってきた?さっき、帰ってこんかったかの?車が駐車場に帰ってきたのに、なかなか事務所に入ってこんけん、わしは外まで出て見に行ったのに・・・車が無かったけ・・てっきり、忘れ物でもして、またどこかに行ったんじゃろうと思とったよ」
「えっ!今帰ってきたばかりですよ」
「い〜や!間違いない!事務員さんの車やった!」
「そうかも・・・早く戻らなきゃってずーと思ってたから♪」
「わしは、不思議な体験したのはこれで2度目じゃ」
・・・・・
一度目の話はこうです。
それは、冬の事(正月前後)。老人会や近所の人たちの会合があり、皆で酒宴をしていたそうです。
するとこの伯父さん急に変な格好をして
「ゲロ!ゲロ!・・」
そして絞り出すような声で・・・
「こいつが・・こいつが・・こいつが!俺に!」
と、大きな声を出したので、会合に出席していた人達は皆大変驚いたそうです。
伯父さんにはその時の記憶が無いらしいのですが・・・
心当たりは有ったそうです。・・・
伯父さんは自宅が近くと言う事も有って、お昼は自宅で食べていました。
暑い夏の日に「昼食を自宅で」と、帰る途中に、もよおして来たので、つい!立小便をしたのです。
見るとそこに蛙が居たので、つい!小便をかけたのです。
会合に出ていた人たちは、伯父さんの事を見てから立小便をしないそうです。
ある意味、良い蛙だったのかも・・
2008/08/
>>怪談メインへ戻る

>>二夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000