kinjono.com

二夜目
●近所の不思議談
 第二夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>二夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0109 写真 アイム 様
ある日、事務所に同僚のTが血相を変えて飛び込んできました。
その手には1枚の写真が握られています。
「ちょっと、アイム見てくれ!!今日現像したものを貰ったら、こんな物が・・・」
それは、足立山の首無し地蔵へ続く道の駐車スペースで撮られた写真でした。
T自体、よく見たりする体質です。
その写真には、駐車スペースでTが一人で笑いながら写っているのですが、その足元の地面には、若い虚無僧の顔が・・・あたかも、生きているかのようにカラーでくっきりと写りこんでいたのです。
「これ、きっと修行半ばで亡くなって、無念の気持ちで出ただけで、Tには害が無いんじゃない?」
しかし、Tはどうにも気が治まらず、会社を中抜けしてお寺に写真を供養しに行ったのです。
帰ってきたTが、また真剣な顔をして「お寺で・・アイムが言った事と、全く同じ事を言われた!!」
「うん。写真に悪意が感じられなかったよ」と私。
でも確かに、その頃は首なし地蔵は隠れた心霊スポットだったから、心配になったのは無理も無かったと思います。
でも、あんなに表情も見て取れるほど、はっきり写った心霊写真を見たのは初めてでした。
よほどTと波長が合ったのでしょうね。
足立山麓にあんな虚無僧(修行僧)が居たんだと、改めて時代を感じた1日となりました。
2008/06/
>>怪談メインへ戻る

>>二夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000