kinjono.com

一夜目現在進行中
●近所の不思議談
 第一夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>一夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0086 神隠し グリーン 様
この話しは、私の知り合いから聞いた話しです。
霊的なことなのかどうかわかりませんが、とにかく怖い話しです。
皆さん、少年時代にバイク(原チャリとします)を乗れるようになって、いろんなところへ行った想い出はありませんか。
私の知り合いの知り合いの人達の話しなのですが、ある日そのグループが原チャリで、とある心霊スポットへでかけました。
そこは廃工場なのか廃墟なのかはわかりませんが、地元では結構知られているそうです。
その場所に行くには、途中で原チャリを置いて歩いて行かなくてはなりません。彼らは原チャリを置いて、廃墟に着きました。その廃墟をみて仲間の1人が「やっぱやめとこ」って言ったそうですが、結局中にはいったそうです。廃墟の中は荒らされており、壁には落書きが凄く、いかにもって感じだったらしいです。
廃墟の中を歩きまわったが、何も起らずおもしろくなくなってきた仲間の1人が、「おい、あいつ(A君とします)を閉じこめてビビらそーや笑」と言うと、A君以外は皆賛成し、廃墟の中にあるある部屋に行きました。
その部屋は、真っ暗で部屋の端に人が何人か入れるクローゼットがあり、窓があるだけの普通の部屋です。その中にA君だけを入れ、ドアをしめて外側から鍵をしめたのです。案の定、A君は「マジでやめてーや!ほんまに無理!」と叫んだそうですが、仲間の返事は「後で開けたるから!」と言い残しその場から離れたそうです。15分ぐらい経ち、「そろそろあいつ出したろか。」と皆でA君を閉じこめた部屋に行ったそうですが、やけに静かだったそうです。鍵を開けてみると、部屋の中にA君がいません。あれ!?とおもって窓を見ると閉まっていた窓が開いています。「あいつ逃げて帰ったんかな。」と言い、原チャリをとめた場所に戻ると、A君の原チャリだけありません。皆、A君は逃げて帰ったと思い、解散したそうです。
翌日の朝、A君の親から連絡がきて、「うちの子どこいったか知らん?」
「あれ、帰ってないんですか・・・!?」一度電話をきり、それを仲間に連絡して、「あいつ帰ってないらしいで・・・。」
A君の親に事情をはなし、警察の調べでA君は見つかりました。
A君は閉じこめられてからずっとあの部屋に居ました。
A君の原チャリもありました。
そう、あの部屋のクローゼットの中に、A君の冷たくなった体と、A君の原チャリが・・・。
2007/12/
>>怪談メインへ戻る

>>一夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000