kinjono.com

一夜目現在進行中
●近所の不思議談
 第一夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>一夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0082 路地裏 コレブラ 様
小学校の頃、通学路で帰るのが大嫌いで、何時もみんなが通らない一風変わった道で下校するのが大好きでした。みんなと同じ道で下校するとかならず誰か知っている奴に声をかけられてその勢いで一緒に帰る事になって一人で帰るよりも遅くなるし、変な事に付き合わされるからです。
ある時、変わった路地裏を見付けて、人見知り&風変わりロマン好きな私はその古風な昔に迷い混んだ様なこの路地裏に一目で虜になってしまい、それからというものちょくちょくその路地裏から帰る事が増えました。その路地裏にはやたらと猫が多くて、古めかしい木の塀に植木鉢に風鈴の音と本当にタイムスリップでもしたのかみたいな幻想的な思いに陥る事もしばしばありました。
そういった経験から、十数年後、私は路地裏や街の片隅を撮るカメラマンになり、とあることでその路地裏を思い出し、その場所へ行ったら・・・そんな馬鹿な、その路地裏に入るはずの道の両側にはビルが立っていて、その間には今も昔も道などなく隙間もないというのです。そう、その路地裏は古今存在しない路地裏だったのです。
2007/11/
>>怪談メインへ戻る

>>一夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000