kinjono.com

一夜目現在進行中
●近所の不思議談
 第一夜
全国よりご投稿頂いた恐怖体験談を掲載しています。
 

     
警告
このページへの直リンクは禁止しております。
必ずトップページの方にお願いします。



>>怪談メインへ戻る

>>一夜目メニューへ
怪談数  御 題    御投稿者様
0077 化かされる 形山 様
そんなに、昔の話ではなく、20年位前の話…
昔から田舎では、よく何処そこの誰それが化かされて死んだ…
などの話をばあちゃん達が真剣な顔で話ていた…
子供心にマジで!と思いながら聞いていました…
よく死んでいる場所は、墓場それに田んぼなどだったと…
で、季節は秋口から冬が多いいそうだ…
顔はみんな笑い顔で…
雪の上にはその人の足跡が無数に残っているらしい…
そんな事を数人の大人たちが深刻な顔で話していたっけ…

話は変わって友人の父が山で行方不明になった事があった…
捜索隊や地元の青年団が探し回り無事発見された…
その父の話では毎年行く場所で見慣れた風景そして隣には水の流れるきれいな沢…
そこでキノコや山菜の採取をしていたらしい…
疲れた友人の父は、沢そばの石に腰を掛けタバコに火をつけたらしい…
すると、そこから記憶が無いらしい…
気が付くと見知らぬ場所でぽつんと立っていて、辺りは真っ暗でこれはヤバイと思いながらも野宿し、次の日発見された…
捜索していた奥さんがいつもの沢の近くでからっぽの弁当箱を発見したんだそうだ…
友人の父は食べてないという…
では誰が?
またまたばあちゃん達の話…
まず狐や狸はタバコの煙が大嫌いだと言う…
あと山の弁当には油揚げは入れていけないらしい…
ナゼ?狐が油揚げに目が無いらしい…
なんにしても生きていてよかったと…
2007/10/
>>怪談メインへ戻る

>>一夜目メニューへ

>>次の話へ進む
kinjono.com©2000